2018年08月20日

看護部の卒1研修講義を今年も行いました(ブログNo.44)

7/20、看護師1年生を対象に、薬剤の安全管理に関する講義を行いました

blog_44_1.JPG

私がこの講義の担当になって3年目。
毎年「どうやったらわかりやすいかな〜?、面白い講義になるかな〜?」とアタマをひねりながらネタ繰りしています

今年は、講義スタイルを少し変えて、5チームに分かれてもらいディスカッション形式にしました。
ディスカッションは、事前に課題を出し、各自調べてきた事を各チームで話し合いながらチームリーダーが内容をまとめてみんなの前で発表
事前に書いてきてもらった用紙をみると、みなさんたくさん調べていました
ありがとうございます。

blog_44_2.JPG

薬剤師歴22年目の私と、看護師1年生の年の差は親子ほど離れているので、みんな初々しくてかわいい
ついつい、ウチの子に話す口調(お母さん口調)になってしまいますね・・・
冗談はさておき、この講義を通して、投与時に注意が必要な薬や、用量を間違うと重大なミスにつながる薬など、現場での意識づけに役立ててほしいと思っています


この記事は、清水 まや が担当しました。









posted by 仁医会グループ at 08:40| 東京 ☀| 薬剤部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月13日

第7回薬薬連携勉強会(ブログNo.43)

7月18日、第7回薬薬連携勉強会を開催しました。
テーマは、「妊婦と薬剤−産婦人科診療ガイドラインを中心に―」。
講師は、当院産婦人科部長 藤川 浩先生。
今回は、近隣の調剤薬局さんの他、病院の薬剤師さんも参加してくださいました

blog_43_1.jpg

薬剤の影響は、催奇形性が発生する時期と、胎児毒性を起こす時期に分けられますが、これをごっちゃまぜにして考えてしまう人が多いため、きっちり分けて考えること。
また、妊婦へのNSAIDs投与の考え方、妊婦授乳婦へのワクチンの投与、抗インフルエンザウイルス薬の投与についてなど、幅広くわかりやすく教えてくださいました。
いずれも実臨床に則した内容であり、日頃のちょっとした疑問が解決できました

後半はディスカッション形式で、調剤薬局さんからの質問も相次ぎ、出席された方からのアンケート結果も大変好評でした

blog_43_2.jpg

お忙しい中、講演してくださった藤川先生、ありがとうございました。

この記事は、清水 まや が担当しました。









posted by 仁医会グループ at 09:27| 東京 ☁| 薬剤部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする