2013年11月15日

『人間ドック友の会・健康の集い』

会場の様子.JPG
平成25年11月6日(水)、午後1時より大森東急イン5階「フォレストルーム」において表記の集いを開催致しました。毎年の恒例行事ではありますが、昨年は同時期に当院健診センターの移転、新設が重なった関係で開催は見送られ、今回2年ぶり、第44回の実施となりました。
参加者はご招待、一般会員合せて約180名。
笹森斉院長の講演.JPG
開会の辞を「友の会」竹内和男副会長。ご挨拶を依田甚右衛門会長、当院病院長小谷奉文と人間ドック健診センター院長笹森斉が行いました。
記念品贈呈.JPG
続いて褒賞受診者(10回、20回、30回、40回の節目の方)をご紹介、褒賞状と記念品の贈呈を行いました。
折茂肇先生の講演.JPG
最初の講演は、「これからの人間ドック―全国集計より」と題し、前記、笹森斉が人間ドックの現況と今後の展望を述べました。続く特別講演は、医療法人財団健康院クリニック理事長折茂肇先生による「健康に生きたい人―予防医療という選択」。健康の維持増進法をアドバイス、及び病気の早期発見、早期治療の重要性が語られました。
第2部は懇親パーティ。ご来賓としてジェイアール東日本コンサルタンツ株式会社取締役橋本剛一様とニチアス健康保険組合常務理事竹田晴彦様からご祝辞を頂き、「友の会」理事岩崎修平様の発声で乾杯。
歓談後に福引抽選会。最後は「友の会」田和允宏副会長の閉会の辞で終了となりました。
予防医療に関する勉強会を主軸に、皆様が自由に語り合える情報交換の場として「友の会」を今後も続けて参ります。

posted by 仁医会グループ at 14:25| Comment(0) | 健診センター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする