2019年05月24日

第67回日本化学療法学会総会に参加してきました(薬剤部ブログNo.50)

5月9〜11日に第67回日本化学療法学会総会に参加してきました

blog_50_1.jpg

本学会は初参加です。
今年は東京ドームホテルでの開催。
開催期間中、いい天気で暑いくらいでした

blog_50_2.jpg

会場は地下1階に会場が集中しており、ポスター会場はなんと42階!
ポスター内容よりも景色の良さに目が行ってしまいそうになりました。

blog_50_3.jpg

blog_50_4.jpg

外では鯉のぼりが群泳しています。

肝心の内容ですが、感染治療について特化した内容になっているため
感染関係に興味があるなら楽しめるし勉強になります

トピックとしてはやはりASTとAMRでしょうか
AMRといえば学会開催直前になって急遽入った緊急シンポジウム
「セファゾリンの供給停止に伴う諸問題」
がすごいことに・・・

閉会式後に開催されることになっていたのですが開始50分前にはもう席は満席
特別に別室でサテライト中継が急遽決定しました。

講演内容の詳細は省きますが厚労省が提示した代替薬の根拠、
日医工による供給停止の経緯、
セファゾリンに限らず最近の抗菌薬の供給が不安定な理由が講演としてありました。

講演後のディスカッションでは厚労省の方が飛び入りで質問に出てきたりと
予定の1時間を大幅に超えて終わりました。この問題は根が深いですね・・・






posted by 仁医会グループ at 16:00| 東京 ☀| 薬剤部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする