2018年03月22日

第33回日本静脈経腸栄養学会学術集会に行ってきました(ブログNo.34)

第33回になる学術集会、今年はパシフィコ横浜で行われました。
年々増加する会員数のため、会場は多くの参加者で活気づいていました。

NST(栄養サポートチーム)で薬剤師は、薬剤による副作用対策を始め、輸液の提案、食欲低下の原因を探ったり、排便コントロールの確認等を行っています。
今回の学術集会でも、抗癌剤による様々な副作用に対しての薬剤提案や、栄養輸液の使用症例等多くの発表を見たり聞いたりすることが出来ました。

在宅医療・介護へのシフトや地域連携医療が望まれているなかで、NSTも病院内だけでなく、地域で協力して活動を行っていくべきとの声が多く上がっていた今学術集会は、自身の活動にも強い刺激となりました。

blog_34_1.jpg






ラベル:薬剤部
posted by 仁医会グループ at 11:34| 東京 ☀| 薬剤部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする