2019年03月26日

訪問リハビリ「教えられます」


冬の訪問は寒くて「今日は大変だなあ」と思うこともありますが、
春の息吹が聞こえてきたこの頃は、防寒スタイルも変わってきました
ただ、花粉症を持っているスタッフは又別の悩みの季節かも知れません。

私も今年は何か鼻がむずむずして息苦しく、「これはまずい!」と思いスプレーを買いました。
今のところこれで落ち着きましたが、油断は出来ないかも知れませんね

訪リハ 教えられます5.jpg


(右から厳冬期用、冬季用、通常キャップ、です。)

人間、自分の生活を少しでも快適にしようと工夫するものですが、
病気により何らかの不自由を負った方達もそれは同じです。
いや、快適にするというのではなく、ご自身の今ある能力を最大限発揮しやすくする為の工夫というべきでしょう。
利用者様のお宅に伺う私たち訪問スタッフは、時にこのような工夫から学びを得ます。
また、私たちから専門職としてご提案することもあります


A様は右手足がご不自由ですが、普段生活されるご自分の周りに、
必要なものが手に取れる範囲で置かれています
ハサミの下に文字盤がありますが、発音に不自由があるA様でも
左手で正確に文字が指せることを確認した私が提案してお持ちしました。
今まで文章発話の場合、何度も聞き返されて言い直さなくてはならなかったジレンマがこれで解消されました。
ちなみにハサミは食べ物の袋を切るためにあります。
左側にはエアコン、テレビのリモコン、そしてスマホにタブレットとすぐに取りたいものが置いてあります。
ちなみに、文字盤はA様が移動される各お部屋にも置いてあります

訪リハ 教えられます1.jpg

B様も右手足にご不自由がおありですが、デイサービスや訪問リハの宿題をいつも熱心に行って下さる、
B様ならではの生活の場を工夫されています。
すべて左手を伸ばせば届く位置に教材、筆記道具、飲み物、趣味の塗り絵などが置かれています
ベッドは日当たりは良いですが直射日光は当たらず、
ベランダの花木なども見られる位置に置かれています。
ご家族が福祉機器業者さんと相談されてこのような配置になりました。

訪リハ 教えられます4.jpg

訪リハ 教えられます3.jpg


他にもお部屋の移動に経路に合わせて天井から床まで伸びるバーを設置することで、
それらに掴まりながらご自分の足で行きたいところへ行けるように行くことが出来る工夫

訪リハ 教えられます2.jpg


(理学療法士が得意です)や、
マヒした手に自助具をつけて食事をご自身で摂れるようにする工夫(作業療法士が得意です)など
いろいろな知恵を屈指して在宅生活がご自分の生き方を体現できる場にすることも
われわれ在宅医療を担うスタッフの役目です。

そしてこのベースになるのは、それぞれの経験や研鑽、そして行く先々で目にする利用者様の生き様です。
そこで感じたもの、学んだものを、他の方々へ活かして行きたいと思っています



posted by 仁医会グループ at 09:13| 東京 ☀| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする