2019年03月14日

応急救護講習(リハビリテーション部)

2月21日(木)、大森消防署の救命救急士にお越しいただき、「応急救護講習」をリハビリテーションスタッフ対象に実施しました。

ブログ@DSCF3115.jpg





東京都内の救急車出動件数が1年間で何件あるかご存知ですか?

約82万件だそうです

東京都内の救急車の台数は・・・

約450台

まず、この問いかけから始まり、驚きました。

ブログBDSCF3117.jpg

ブログCDSCF3118.jpg



実技講習は・・・

@胸骨圧迫の実技練習

AAEDの使い方の実技演習

胸骨圧迫の実技練習では、手足を置く位置や腕の角度、リズムや押す力などを学び、1分間の胸骨圧迫でも汗をかきます

ブログDDSCF3121.jpg

ブログEDSCF3122.jpg

ブログFDSCF3124.jpg



AED使用の実技では、音声案内があるので、しっかり聞くことでパットを貼る位置や周囲への注意喚起など冷静に対応できる自信がつきました

ブログADSCF3135.jpg

ブログGDSCF3129.jpg

ブログHDSCF3131.jpg


実技以外にも貴重な情報をいただきました。
『救急車が現場に到着するまで5〜10分』等を知り、救急車到着までに応急手当てをすることが、いかに大事なのか理解することができました。
救命の可能性は時間とともに低下するので、医療職として率先して対応できるよう、そして今回の勉強会を忘れず冷静に勇気を持って対応できるようにしていきたいです。


みなさん、ご家族などが体調を崩した際に、救急車を呼ぶかどうか迷ったことはありませんか?

そんなときに【#7119 救急相談センター】で相談できることを情報共有し、いざというときに慌てないようにしていけるとよいですね。

大変有意義な時間をありがとうございました


    リハビリテーション部 スタッフ





posted by 仁医会グループ at 09:00| 東京 ☁| 牧田総合病院本院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする