2018年11月13日

第7回 大規模災害訓練

11月10日(土)、大規模災害訓練が実施されました。

11月に行われる大規模災害訓練は、外部の方にもご参加頂き、今年は総勢約名での実施となりました。
広報班として各エリアのビデオ撮影を担当した私が、当日の様子をご紹介します。

訓練は患者役の参加者に特殊メイクを施して行います

ブログ@IMG_0005.jpg


痛そうです…

ブログAIMG_0018.jpg




小谷院長、外部からご参加頂いた先生方にご挨拶を頂き訓練開始。

ブログBIMG_0008.jpg


患者さまの流れは、トリアージエリアでトリアージを受けた後

ブログCIMG_0017.jpg

各治療エリアへ移ります。

ブログDDSCF2890.jpg


緑エリア(歩ける人)の皆さんは診察、治療を受けた後、お薬を受け取って帰っていきます。

ブログEDSCF2891.jpg

薬剤師がしっかりとダブルチェックを行っていた姿が印象的でした



黄・赤エリアは中等症〜最優先で治療が必要な重症患者さまのエリアです。
歩くことができない患者さまが該当しますので、当然待機しているフロア内は次第に
混雑した状況に

ブログGDSCF2894.jpg


混雑した状況下でも、医師を中心として声を掛け合いながら診察、治療を行っていました。

ブログFDSCF2864.jpg



訓練は当院を受診する患者さまの流れだけでなく、近隣の病院と搬送可否についてのやりとりも行います。


ブログHMG_0025.jpg

ブログIIMG_0029.jpg

実際の様子は目にしていませんが、緊迫した雰囲気が伝わってきます。



患者さま役の設定も色々で、急変する設定や、残念ながら赤CPAになってしまう方の設定もあります。

ブログJDSCF2901.jpg

CPAエリアでは実際の死亡診断書の記入も・・・

ブログKIMG_0054.jpg


各エリアで行われた中間反省会、終了後の反省会では、たくさんの意見が行き交い、真剣に対策を話し合っている姿が印象的でした


2018年も様々な災害があり、たくさんの方が被災されました。
「その時」が来ないことを願ってしまう気持ちもありますが、
いざという時も当院が病院としての役割をしっかり果たせるように、
こういった日頃の訓練で得られる教訓を活かしていきたいと思います。

参加された職員の皆さん、外部からご参加頂いた方々、お疲れ様でした






広報班 診療情報管理課 







posted by 仁医会グループ at 16:52| 東京 ☁| 牧田総合病院本院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする