2018年07月19日

2018 フロアコンサート「夏の夕べ」開催のお知らせ


7/28 (土)14:00〜
本館3階会議室にて 箏と尺八の演奏会を行います



コンサート.jpg

コンサート.jpg




どなたでもお気軽にご参加いただけますので
ご希望の方は直接会場へお越しください!

皆様のご来場をお待ちしております




TQC委員会










posted by 仁医会グループ at 11:09| 東京 ☀| 牧田総合病院本院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

第8回 牧田総合病院地域連携懇話会


6/13に当法人主催の地域連携懇話会が行われました。
ブログ用@IMG_7979.jpg

ブログAIMG_8014.jpg

出席していただいた方は、大田区を中心とした病院や診療所、薬局や事業者など多岐に渡り200人以上の方に出席していただきました!

初めに、内閣官房まち・ひと・しごと地方創生総括官の唐澤剛氏より、地域包括ケアシステムについての講演がありました。
地域包括ケアシステムとは、2025年(平成37年)を目途に、高齢者の尊厳の保持と自立生活の支援の目的のもとで、可能な限り住み慣れた地域で、自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるよう、地域の包括的な支援・サービス提供体制(地域包括ケアシステム)のことです。

少子高齢社会に向けて、地域包括ケアシステムの推進は必須であると強調されていました。

ブログBIMG_8030.jpg


その後は、当法人の荒井理事長より、地域包括ケアシステムの構築に向けた取り組みについての説明、また今後の展望についても話がありました!

ブログCIMG_8065.jpg



講演終了後は、懇話会があり、病院や事業者などの交流が行われました。

ブログDIMG_8130.jpg

今後もこのような会を通じて、顔見知りになることで、医療・地域・福祉の連携を深め、地域包括ケアシステムの構築を行っていくことの重要性を改めて感じました。


リハビリテーション部 理学療法士 K



posted by 仁医会グループ at 09:00| 東京 ☀| 平和の里 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月13日

牧田つばめ観察日記No47  「顎がはずれそう!」


(つばめの巣を見守り続ける眼科スタッフKのほのぼの観察日記です。





一番奥にある巣。
食べ盛りな4羽のヒナたちが餌を待っています



後ろにいるヒナは一番小さいのに元気いっぱい





つばめ7/5 47.1.jpg






「そんなに興奮しなくてもちゃんとあげるから ・・・
お母さんもあきれるくらいです。




つばめ7/5 47.2.jpg







posted by 仁医会グループ at 08:46| 東京 ☀| 牧田総合病院本院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

広報誌「ひまわり」2018年07月号 発刊のお知らせ


広報誌「ひまわり」 2018年07月号が
7月10日発行されました



表紙H30.7改 .jpg



設置場所
・本院
 本館1階 外来会計・内科受付
    2階 肛門科(皮膚科・精神科・形成外科)窓口
 1号館3階 渡り廊下(CE室前)出窓
 2号館1階 待合ロビー
・蒲田分院
・人間ドック健診センター
・健診プラザOmori
・大森平和の里


記事内容
「ひまわり」2018年07月号
・牧田中医はりきゅう治療室
・エコノミークラス症候群とは
・部署紹介 訪問診療課
・2018年度 入職式
・新入職者インタビュー
・各科外来診療表



お手にとってご覧ください


ポップH30.7改 .jpg



posted by 仁医会グループ at 09:47| 東京 ☀| 牧田総合病院本院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

ジャーナルクラブを開催しました(ブログNo.39)

ジャーナルクラブでは、業務終了後に有志で集まって論文を読んでいます
毎回異なるテーマの論文を読むので、論文の読み方や評価のしかたはもちろん、その分野の知識も身につきます

ですが、やはり英語の論文というと敷居が高い印象…

そこで、初めて参加する方やお久しぶりな方にも分かりやすいよう、
毎回、論文の内容を基礎的なところから確認することから始めます

今回は、骨粗しょう症の注射薬についての論文でした

「対象患者はどんな人…?」
「結構効果がありそう…?」
「副作用は…?」

全員で内容について話します。
ひとりで読むよりもいろいろな視点の意見が出るため、楽しく読めて続けられるというのがジャーナルクラブの良さなのです

事前に製薬会社に直接問い合わせるなどで論文の他にも様々な資料を準備してあるので、そちらも確認しながら内容を吟味していきます

blog_39_1.jpeg
↑こちらでは白熱した議論が繰り広げられているようです…

私たち自身も準備をしていくことで勉強になるため、なるべく開催回数を増やせるようにしていきたいと思っています

(この記事は、mが担当しました)










posted by 仁医会グループ at 09:36| 東京 ☔| 薬剤部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする